fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

ルノー ルーテシア4RS RECS ロアアーム交換

IMG_1459.jpg
ルーテシア4RSが車検で入庫
距離が3万キロ程度なので通常のメニューを行います
IMG_1460.jpg
直噴エンジンのメンテナンスでやはりスラッジ除去は欠かせないと考えます
もちろんお客様の許可を得てからのRECS施工&F-1添加、利きます!

これで大丈夫と思ったのですが、各部点検で発覚
IMG_1495.jpg
左フロントロアアームBJのガタ
特にブーツが切れた様子もないのですし、ましては事故歴もない
単なる部品のハズレのようです
お客様と相談して左のみ新品交換することにしました
IMG_1496.jpg
ロアアームなんて3本のねじを緩めればOKなんて考えていたら、こんなお姿に
IMG_1498.jpg
IMG_1500.jpg
外したロアアームはブッシュこそ状態はいいのですが、BJはカタカタの状態です
IMG_1501.jpg
元通り組み立て、1Gの状態でロアアームのフロントは締めて完成です
その後のチェックでも当然ガタはありません
IMG_1494.jpg
今回車検整備の段階で見つかった不具合でしたが、お客様は乗っていても違和感は感じなかったそうです
私も修理前に振り回したりしましたが、正直不具合を感じることは出来ませんでした

1番感じる症状としては、古めのFFのロアBJがダメになると旋回時に内側に切れ込むような症状があります
今回それがなかったために違和感を感じなかったかもしれません

車両によっては感じずらい不具合が発生している場合がありますので、やはりキチンとした整備点検が必要だと感じました

PageTop

三菱 ランサー2000

IMG_1040.jpg
ランサー2000(通称ランタボの左ハンドルで2000CCエンジン)が電装不点灯で入庫

要するあちこちに電気を送っているコネクター、スイッチにトラブルがあるようです
スモール等が点かないのでまずはライトスイッチ等をすべてチェック→問題なし

IMG_1035.jpg
やみくもに配線をいじっても埒があかないので配線図を送ってもらう
もちろん左ハンドル用の配線図なんてないから右ハンドルの135馬力用の配線図を見る
基本的に右と左が反転しているようだ(これは一部です。1台分とにらめっこ)
IMG_1041.jpg
腐食した不具合のカプラー発見した(画像では修正後)
部品取のランタボからカプラーをいただく(問題ない端子は抜いて新しいカプラーに挿入)
IMG_1042.jpg
これで大丈夫
念のため周辺の同じようなカプラーをチェックしておく
IMG_1046.jpg
その他動く気のあんまりない燃料計だけを部品取メーターから抜き取り交換して完成
燃料計はキチンと動いていないとやっぱり怖いです

PageTop

ルノー クリオRS ヒータコア交換

IMG_1277.jpg
この画像を見てクリオだと気が付いたあなたは天才!

当店の在庫というか部品取というかのクリオRSを販売しました(外装やれ、過走行でも結構手は入れてあった)
サーキットで遊べる車両が欲しいとのことでド初期のRSとなりました
当然予算は限られますがその中で、足回り、ブレーキ周り、マフラー(もともとがマダックで車検通らない)は最低限整備します
上記の内容は対してつまんないし良くあるので(実は画像取り忘れた)車検後どうしても室内の匂いと内窓のウスラ曇りが気になりヒーターコアを交換することになりました
もちろん新品コアを使用してますよ
IMG_1280.jpg
結局全部外します
IMG_1281.jpg
IMG_1282.jpg
漏れてました!
決して嬉しいわけではないですが、万が一違ったらどうしようかなって事です

同じクーラント漏れでもPSAとルノーはちょっと違いますね
PSAは漏れ始めると匂いと曇りで比較的早く気づきますが、ルノーは気づきにくいです
クーラントの減りが早いといった相談から発覚します
もちろん原因はそれだけではないので細かくチェックする必要はあります
IMG_1283.jpg
新旧ヒータコア
その後一生懸命組み立てて、ねじが余らないのを確認して完成
最近物忘れが激しいからちょっと心配(画像が全然足んないし)

PageTop

アルピーヌV6ターボ リバースケーブル交換

IMG_1143.jpg
アルピーヌV6ターボがリバースケーブル交換で入庫
IMG_1145.jpg
部品自体はこんなもので交換はあっという間に終わるかと思いきや
IMG_1147.jpg
こんなに部品を外し
IMG_1151.jpg
IMG_1153.jpg

室内をここまでばらさないと交換できません(出来るかもしれないけどリスクあり)
ましてやこのケーブルは欠品でしたので当店の部品取から外した部品です
IMG_1150.jpg
前に触った人は部品が無かったので応急処置で涙ぐましい努力をされています
IMG_1156.jpg
後は組み立ててキチンとリバースに入るのを確認して完成
この後このV6ターボはまた修理に入ってきましたのでそれは後日

PageTop

VW ポロ 水漏れ修理

IMG_1252.jpg
6R ポロが水漏れで入庫
以前からその兆候がありましたが、対してクーラントも減らなかったのでそのままにされていました

6Rポロの場合水漏れはいくつか考えられます
1:リザーバータンクのクラック
2:サーモブロックから
3:インテークチャンバーから などです

以上の順番は手間の順序で今回は一番面倒な3番が当選!
IMG_1254.jpg
IMG_1255.jpg
IMG_1256.jpg
ダダをこねても誰も代わりはいないのでとにかく外します
一番下の画像がチャンバーです
この合わせ面から漏れます
IMG_1257.jpg
インテークマニまでビチャビチャ
IMG_1259.jpg
後は新品に交換すれば完成です
クーラント臭がしてエンジンの後ろ側にクーラントが流れていればほぼ間違いなくここからの漏れです

PageTop