fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

トヨタAE86&AW11 メンテナンス

SN3O0133.jpg
たまたまですが当店でも国産車、それも昭和の車が続くことがあります。

AW11はお客様が自分で購入してきた車両をメンテナンスしてくれとのこと。
基本的には初期化ですね。

SN3O0135.jpg
さしあたってはブッシュ、マウント、ショック、アッパーマウントの交換でした。
その後、アライメントを取り足回りが新車?に戻りました。

お客様はものすごいノーマル極上主義者で社外品を認めない人。
内装に少しでも傷や社外品がついている場合には交換。

センターコンソールなんかは3個の部品を組み合わせて極上の一品を作成。
新品部品が出るものに関しては新品交換。
またオプション品に関してもどこからか見つけてきて取り付けてくれとのこと。
何とか仕上げて納車。

SN3O0116.jpg
一方こちらのAE86はまったく真逆。
基本ノーマルの86を5日後の氷上練習会に参加するのでラリー車にしてくれとのこと。
ブッシュ、マウント、ショック、デフ、クラッチ、クロスMTが今回の作業。部品はすべて持ち込みでしたのでまだ気は楽。

SN3O0128.jpgSN3O0118.jpgSN3O0115.jpg
ブッシュは基本TRD,クスコですべて打ち換え。

SN3O0117.jpgSN3O0119.jpg
ショックはカヤバのラリー&TRDばね。
フロントショックに車高調整式ピロアッパーがついていますがノーマル形状のショックに使用しても車高が下がらず増してやロックがすぐに緩むので結局私が持っていたクスコのピロアッパーに交換しました。

SN3O0120.jpgSN3O0121.jpg
デフはTRDでファイナルは確か5.3だったような?とにかく低いものでした。
このデフは中古OH品といわれてお客様が購入してきたのですがリングギアの状態があまりよくなかったです。装着後やはり唸りが出ていて、気になって再度ばらしてバックラッシュなどを取り直しました。
少しはよくなったけどそれなりでした。
クロスMTも中古品でしたがスピードメータードリブンギアもなく明らかに競技に使用されていたようです。
作成後、試運転に出かけましたがギア比が低いおかげで加速もよくクロスMTは気持ちよくつながり非常に楽しい車両になりました。
もっとも私のヘタレ腕ではそんなにがんばれませんでしたけど、、、

そんなこんなで出発当日までがんばって作業した結果、無事完成しました。
お客様もうなり音以外は満足していただき練習会も楽しんできたようです。

そういえばほんとに出発直前にうちにあったスパルコのフルバケシートの交換もしたんでした。
お客様が出発した後にはしばらくぐったりしたような記憶があります。

こういう車に乗ってしまうとまた競技車に乗りたくなるんですよね。
うちのクリオ君はいつになったら復活できるのやら、、、




スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する