fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

たまにはこんな車も、、、

SN3O0054.jpg
たまにはこんな車両も入庫します。
ホンダ NSXです。
うちに似合わないですが唯一うちらしいのは距離ですね。
なんと16万キロ!!
ホンダの車も丈夫です。

うちが頼まれたのは車検と燃費の悪さの改善。
車検はサクサク終わらせ改善をします。

通常、燃費の改善を考える場合には燃焼とコンピューターへの入力が入るセンサー類ですね。

燃焼のほうをチェックするとプラグの状態、コンプレッションは比較的良好。
もちろん過走行車ですのでそれなりの低下は見られます。
燃圧は問題ない範囲。
ただし、距離が距離なのでそのうちやったほうがいいかも?
燃料フィルターは交換済み。
後はインジェクターが怪しいけどそこまでの予算はないので今回はワコーズのF-1で様子見です。

インジェクターは消耗品です。
シール劣化は当たり前として中にはフィルターが入っていますし、ノズルのつまり等できちんと霧化しないと燃焼効率が下がり結果、燃費悪化や排気ガスがガソリン臭いとなる場合もあります。

ではセンサー類の確認。
燃料の補正はO2センサーや水温センサーで管理してることが多いですね。
現時点ではチェックランプは点いていないですが過去に点いたことがあるようです。

念のため仲間がホンダに勤めているので聞いてみるとテスターはNSXは専用のためメーカーから借りるしかないとのこと。
私のところはスナップオンの欧州車専用なので使えないため、借りといて!と伝えときました。
後日、テスターにかけるとO2センサーに異常あり!と出ました。
水温センサーは問題なさそうだったけど距離を考え交換。

SN3O0053.jpg
今回交換した部品たち。
O2二個に水温センサー三個。
水温センサーのうち一個は警告灯だと思ったけど念のため。
もちろんあらかじめお客さんには確認済み。

SN3O0052.jpg
O2センサーは結構狭いところについているので専用工具を駆使して交換。
まだ見えるだけましか?
かつてジャガーのO2を交換したときはほぼブラインド。
手探りで交換したのを思い出しました。

SN3O0051.jpg
そんなこんなで修理は完了。
排気ガスの匂いもだいぶ改善。
排気ガステスターにかけても変化が見られました。
以前の記事にも書いたけど排気ガスはエンジンの不調にダイレクトに現れるのでチェックは必要です。
人間の体も一緒でしょ!?怒られそうなので細かくは書かないけどね、、、、

そんなこんなで今回は終了。
ホントはエンジン本体にも手を入れなくてはならない状態ではあるけれどそこは予算との戦い。
時期が来たらやりましょう。

試乗でも快調です。後は燃費が改善してくれれば問題なしです。
オーナーさんはすでに結構な金額を費やしていますのでこのまま調子よく走ってくれればよいですね。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する