fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

ボルボ 再び!!

PAP_0328.jpg
ボルボ、、、また帰ってきたんです。

今回はどうやら納車後100キロくらい走ったらλランプ(1-2-3)が点灯したようです。
当店でも70キロくらいは試走したのに、、、、、、がっかりです。

しばらく触る気にも気にもなれなかったんですがやるしかない。がんばりましょう。

念のため放置後、リセットをして50キロくらい試乗してみるとλランプがつかないんです。
なんだこりゃ?と思い、しばらく足代わりに使用してランプの点灯を待つ。

3日くらいしてやっと点灯。
本来なら点灯を喜ぶべきではないのだが修理していないものが直るわけではないので点灯が正解。

ここまでしてからの点灯なので基本的に水温センサーの異常とは考えずらい。
ましては症状的には突然タコメーターが暴れだしてアイドリングが乱れるという症状。
一回症状が出てλランプが点灯してしまえばエンジン自体はいたって快調。

さすがにしばらく悩みました。配線図が欲しい!!
いや、それよりもいっそ専門店で直してもらおう、とも考えました。
ネットで調べてみると、水温センサーの信号線をECUに割り込ませるようです。
私もそれは考えました。

でも、いまいち腑に落ちないのは水温センサーがもしもだめでもタコメーターに異常が出るくらいのアイドル不調は考えずらい。せいぜいリッチに振ってカブリ気味になるくらい。
実際、プラグを点検してもとてもいい状態。ランプさえつかなかったらとても調子はいい。

症状だけを見て取ればスピードセンサーやイグナイター、コイルが怪しい。
イグナイターは交換済み。コイルは点検して異常なし。
スピードセンサーはほかのお店で交換しているようだ。請求書にはのっていた。
なんだろー?

待てよ?もしかしたら電気系に問題があるのかも?念のため、アース線を見直してみよう。

PAP_0327.jpg
実験としてアース線を2本だけ追加しました。
基本、ノーマルと同じ取り回しであくまでもノーマルが劣化している可能性に対して有効なように取り付けました。

アーシングではありません。
アーシングなんかしたって車は速くなったり燃費がよくなったりしません。
しいて言うなら電装品がよく動くくらいです。
これには理由があります。
抵抗値が下がると運動量は上がります。これはご存知ですね。よってたとえばパワーウインドが速くなったりはします。

でも車自体は速くなりません。
中には純正を外して馬鹿みたいに太いケーブルでアーシングしている人がいますがまったくの無駄。
というかむしろ危ない。自己満足だけならいいが危険ですよ。
メーカーはほぼ?無駄なものは付けないし、必要以上のものは付けません。ちゃんと計算されているし、意味のないものは必要ないからです。メーカーは馬鹿じゃない。
世の中にはどうやらアーシング信者なる者たちが存在しているようですので怖いですね。
自己責任としてはいいのですが問題があるので付けないほうがいいですよ。
ましてや新車に近い状態だったらまったく無駄どころか悪くしている可能性が高い。

今回はほかにもプラグコードを昔はやった自作ノ○ジータイプに変更。
以前BX用に作成しておいたものが出てきたので使ってみる。
PAP_0326.jpg
これがまた、ぴったりと付く。
もともと、以前社外品に交換したのですが適当にあったものから装着したんで取り回しがいまいちだったんです。
この手の物は果たして効果はあるのか?実験してみる。

以上を試した結果はもともとエンジンは調子よかったので特別変わらない。
ただ、坂道は力強く感じる。もしかしたらフラシーボ効果かも。燃費を測定したいね。
プラグのやけ具合は非常に良好。

その後150キロくらい試走してもλランプは点かない。
念のため日をずらしてさらに70キロくらい試走。点かない。

ここまででいったん納車する。
納車前に今回やった内容を言わないでテスト走行をお客さんにしてもらうと非常に調子がいいとのこと。よかったよかった。
でも今回やったのはあくまでも実験が多い。
お金も手間賃とガソリン代くらいしかもらっていない。
お客さんの承諾を得てしばらく乗ってもらいました。

その結果は、なんと、1週間くらいしたらまたもや点灯とのこと。
でも最長の結果となりました。
それも今度点いたのはスピードセンサー!!です。
やはりとなるか、それとも更なる泥沼にはまるかは今度の預かりまでのお楽しみ。はぁー、、、、、、
 
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する