fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

アルファロメオGTV エンジン不調

PAP_0025-1.jpg
アルファロメオGTV2.0の過去ログです。
あるに、懇意にしている解体屋さんから(アルファロメオでエンジンが調子悪くて見てもらえないか?)とのこと。
オーナーさんはあまりこの車に乗らないらしく久しぶりに時間があったので乗ってみたらだんだん吹けなくなりしまいにはバラバラいうようになってしまったようです。
本来なら自分の積載車で取りに伺うのですがたまたま同業者にレンタル中。
保険のレッカーサービスでドナドナされてきました。
来るまでいろいろな想定をしておきいざ現車にご対面!!
本当に調子が悪い!!!!
さすがにパッパッとは直せそうもない。
ましては確か年度末、無理ー。
年明け確認すると燃料は来てる、コンプレッションテスターを使い6気筒とも確認すると特に問題はない。
コンプレッションテスターはよく使います。これだけでも結構エンジンの状態がわかることがあります。
こうなるとあちらこちらでよく言われている格言に(よい燃料、よい圧縮、そしてよい点火があればエンジンはかかる?)みたいなことを聞きます。

そういうわけで点火器系をチェック。
エンジン側に基本的に問題がない場合私はエンジン側からイグニッションへたどってゆきます。(これは趣味の問題)

プラグ→すすけていたが使えそうなのでバーナーで焼き再利用。(ブラストのほうが楽ですがやらない方が無難)
プラグコード→導通確認OK、抵抗値も計りましたがウルトラのシリコンコードだったのであまりばらつきなし。
デストリビューター→OUT!!!!!
PAP_0007.jpg
PAP_0008.jpg
完全にアウトです。
特にデスビキャップのセンターに本来なら鉛筆の芯みたいなカーボンピンがあるはずですがどこかにいなくなってます。
後は湿気で錆びまくり。
これじゃー(よい点火!)なんて無理です。
ていうか、よくさっきまで走れたよね?車って人間の常識を超えることがあります。アンビリーバボー!!!!

こんな部品、在庫あるわけないじゃん。と思ったが例のボッシュか?
当店では部品に困ると工場裏の新鮮な?部品畑に行ってもいできます。

みーっけ!!プジョー505V6のデスビが共通です。
状態がいいもの(ほぼ新品)がありましたので即交換。

エンジン、キュルキュル、、、ブオン!ブオン!!
一発でした。

このエンジン自体のタペット音かメタル音はしてるけど基本悪くない。
これからじっくりと直してゆきたいですね。

追記となりますがこのGTVという車、乗ると非常に面白いです。
私はこのシャシーが何と共通とかよくわかりませんが間違いなく同じアルファの156V6よりは個人的に楽しいです。形もこれでもか?というくらいかっこいい!!

もっとも主観ですので怒らないでいただきたいのですが156V6ってフロントサスのディメンションで無理に曲げるような感じ(かっこいい横文字使っちゃった)がありますがGTVはもっと素直なんです。逆にいうと曲がりすぎる。
156って一瞬ですがヨイショって曲がりません?さすがにV6は重いか?

P1010796.jpg
これはかつて私が乗っていた初期型155 8V
これなんて本当に素直にスッて曲がりますよ。軽いんだから当たり前か。
でもGTV2.0は曲がるの!矛盾してるけど。ホイールベースなのかな?
きちんと踏みながら走るとおっきいホンダのCR-Xに乗っている感じ。
もちろんCR-Xはもっとトリッキーですよ。
ジムカーナ車両みたいな動きをします。
でもCR-Xほどではないからシビックか?それもEF系みたいな。
あくまで公道上で試運転の感想です。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する