fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

シトロエン CX ドライブシャフトブーツ&シール

PAP_0000.jpg
ある日、シトロエンCXのお客様よりTELが(LHMが滴っているので診てください!)とのこと。
確かリターンホースがそろそろやばいかも?と思っていたのでチェックすると、、、
それ以前にドライブシャフトブーツがぱっくり!!
ご予算の都合でまずはドラシャブーツから交換しました。
CXのドラシャ抜くのに一番の肝?はスタビですね。
これを緩めてあげないと抜けてきません。ちょっと狭いので注意が必要です。

ブーツのバンド、皆さんどうされていますか?
付随するバンドを使いますか?
いろいろなタイプがありますがすべてSSTが必要ですよね?
それにカシメのタイプですと本当にしまっているか不安になることもあります。(もちろん締まりますが)
ですので私個人としては国産のブーツバンド大を使っております。
太さも十分ですし長さが長いのでよく売っているバンド用SST(?)でしっかり締められます。
機会がありましたら画像を載せておきます。

PAP_0002.jpg
ドラシャを抜いたらデフサイドオイルシールも交換しましょう!
これもしばらく交換してなかったようなのでよい機会です。
結構、オイルのにじみが出ていました。
フランジタイプでしたのでプレスで交換。

PAP_0001.jpg
はい交換終了。
周りもきれいにしておけば今度にじみもわかりやすいです。

その他、LHMのにじんでいるパイプシールの場所を手が入る限り増し締めしておきます。
CXってほんと、ブレーキバルブ周りの配管が邪魔で手が入りずらいです。

今回はできるだけLHM汚れをきれいにしておいたので次回からは特定がしやすいです。
なるべく早くリターン、ブレーキバルブ、リアサスシリンダーブーツは交換しておきたいですね。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する