fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

プジョー205 505 BMWミニ ブレーキOH

P1000030.jpg
これは205のフロントキャリパーのピストンです。
今まで一度もばらさないとこんな感じです。
それでもオイル交換はしていたようなので状態はいいです。
P1000029.jpg
汚れを落としきれいに磨けばこのくらいにはきれいになります。
もちろんキャリパー本体もそれなりに汚れていますので細かいところまできれいにします。

P1000033.jpg
これはBMWミニのキャリパーです。年式も205に比べればとても新しいのでピストンもきれいです。
10万キロ突破とは思えません。さくさくOHして組み上げます。
P1000031.jpg
ローターも合わせて交換。オーナー様の好みでスリットローター。完成です。

P1000069.jpg
これ何の車のキャリパーかわかりますか?
プジョー505V6のリアキャリパーです。
もともとはリアキャリパーの引きずりで来たのですが構造がわからず思い切ってはずしました。
何がわからなかったかというとピストンの戻し方です。
多分普通の方はピストンをねじ込めば戻ると思いますね?
それでは決して戻りません。
P1000066.jpg
P1000067.jpg
ピストンとキャリパー本体です。四角くオスとメスになっていて角におたがいスプラインを切ってあり45度ずらすとフリーになる仕組みです。
ぜんぜんわからなくて何件か車屋に聞いてみたのですがぜんぜんわかりませんでした。
もっとも505をいじった車屋のほうが少ないのかも?
リアパッドを交換するにはピストンの溝を45度ずらしてください。
普通にピストンが戻ります。必要以上に力が必要ならばフリーになっていないか固着しています。
この車両は結局ばらして組みましたがまた引きずりが出てしまいほかの車両からキャリパーを移植しました。
当店では505V6の部品取り車を2台用意しております。
お困りの際にはお譲りできますのでご相談ください。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する