fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

プジョー 106S16 クラッチ&EXマニ交換

IMG_1483.jpg
プジョー106S16がクラッチ交換とお客様購入のEXマニ交換で入庫
IMG_1485.jpg
それなりの齢を経て各種汚れが蓄積しています
特にオイルシールからのオイル漏れや摩耗しているシフトフォークなどは交換が必要です
IMG_1487.jpg
クラッチはレリーズベアリングの破損が引き金でもうボロボロ
良くクラッチが切れていたと思います(ダイアフラムスプリングに注目)
IMG_1512.jpg
ミッション本体はもともと問題がなかったと思いますのでオイルシール達を交換してクリーニングでOK
IMG_1513.jpg
クランクリアオイルシールを交換して新品クラッチを装着

フライホイールはちょっとだけ軽量タイプを考えましたがストリートモディファイだとむしろ乗りにくくなるし、アイドリングも乱れることが多いです(たまに超軽量タイプがあるがアレは普通には使えない。部品として売ってると欲しくなるらしいけど)
後はミッションを合体させれば完成ですが、ドライブシャフトブーツにキレを発見したので
IMG_1514.jpg
ブーツを交換
IMG_1515.jpg
これで完成
IMG_1516.jpg
お次はEXマニです(メーカーは不明)
立派なパイプで果たして普通につくのでしょうか?
ただでさえ、隙間が無いのにね?
IMG_1517.jpg
とにかく隙間を作るためにフロントカウル等は外したり、緩めたりします
IMG_1518.jpg
そうすると純正EXマニは外れます
外れたらオルタネーターの配線の延長と取り回し、被服を行います
IMG_1519.jpg
新旧EXマニ
このEXマニは純正の構成で作られている
そうでなければこの形状では取り付けが困難そう
IMG_1522.jpg
とりあえずの仮固定
エンジンをかけると盛大な排気漏れ
スタッドボルトが一部長すぎて干渉している
2本短いスタッドボルトを使用してなんとか取り付け完了
IMG_1521.jpg
取り付けに際してオイルフィルターブロックなども取り外しました
このEXマニはレースパーツに等しいクオリティ(悪い意味でね)でした

その後また排気漏れがあったようなので、歪みも含めてまたやり直します
中古EXマニはでは良くあることで、ほっておくと他にもトラブルを起こすので早急に対処しないといけません(はぁー)
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する