fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

ルノー カングー ヘッドOH &リアブレーキOH

IMG_1290.jpg
ルノーカングーがヘッドOH&リアブレーキOH&クラッチOHで入庫
IMG_1284.jpg
まずはリアブレーキから進めます
見ての通り完全にブレーキフルードが漏れていてグチャグチャの状態
バックプレートは再利用不可
IMG_1285.jpg
漏れているだけでなくスライドしないホイールシリンダー
IMG_1287.jpg
リアシューもフルードを吸って崩壊寸前
IMG_1288.jpg
バックプレートを部品取から外しクリーニングして使用する
ホイールシリンダーは新品交換
IMG_1289.jpg
シューも新品交換してOH完了
もちろん左右行います
ドラムブレーキの整備不良を多く見かけます
車検の際にもドラムを開けたのか?と疑問を感じる車も珍しくない
整備は過剰すぎるのは問題だけど、壊れてからの交換では遅すぎます
特に命がかかっているブレーキにはあらかじめの整備が必要です

当店の常連さんたちにはいませんが、「なるべく安く車検をやって!車検に通ればいいから」といわれることがあります
はっきり言いますが必要なお金がかけられないのなら車なんて乗らないほうが良い
IMG_1292.jpg
さて話を戻してエンジンを降ろします
IMG_1295.jpg
クラッチカバーのダイヤフラムスプリングはかなり摩耗が進んでいます
クラッチ自体がかなり重かったのも納得です
IMG_1296.jpg
クランクリアオイルシールからもオイル漏れ発生しているので、新品交換します
IMG_1297.jpg
ルノーのクランクのフライホイールを取り付ける際には必ず漏れ止め剤をボルトに塗ります
そうしないとクランクからオイル漏れが発生します
それを怠った車両を何台も見かけました
IMG_1299.jpg
エンジンのないエンジンルーム
出来るだけクリーニングしてエンジン搭載を待ちます
IMG_1301.jpg
IMG_1302.jpg
IMG_1304.jpg
IMG_1305.jpg
下ろしたエンジンを確認するとオイル漏れ、水漏れが確認できます
IMG_1300.jpg
さらにカバーをよく見るとねじが足りない 忘れたのかな?
こんな状態から推測すると愛情を持って整備はされてないなあ
IMG_1310.jpg
タペットカバーからもオイルの滲みあり
IMG_1311.jpg
IMG_1312.jpg
インマニのパッキンも劣化が進んでいるので交換する
IMG_1330.jpg
目指せ20万キロオーバーということでヘッドをOHする
ヘッドの状態は距離相応
IMG_1331.jpg
バルブ等を外してきちんと場所ごとに管理しておく
IMG_1332.jpg
IMG_1339.jpg
インテーク、エギゾーストポートもスラッジを取り除く
IMG_1333.jpg
IMG_1334.jpg
バルブのスラッジもひたすら除去する もう少し追い込んでみようかな?
IMG_1336.jpg
IMG_1337.jpg
IMG_1338.jpg
クリーニング後のカムホルダー、ヘッド
このくらいまで綺麗になればいいかな
IMG_1341.jpg
IMG_1343.jpg
IMG_1344.jpg
バルブ摺合せ後組み立てます
ヘッド自体の歪みは無く安心です
IMG_1345.jpg
ブロックとヘッド、クラッチを組み付けてミッションもドッキングしてかのエンジン搭載
IMG_1349.jpg
後は補機を取り付けて完成です
長期間お待たせして申し訳ありませんでした
20万キロオーバーをめざし、走って行って欲しいです
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する