fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

シトロエン エグザンティア ハブベアリング パワステ修理

IMG_1105.jpg
エグザンティアが各種修理で入庫
IMG_1108.jpg
デフサイドオイルシールからATF漏れ
漏れるのは圧倒的に左からが多いです
交換もオイルシールの打ち込みが面倒で仕方ないのでSSTを作りました
IMG_1107.jpg
お次はハブベアリングの交換
外したハブASSYです
IMG_1109.jpg
分解後傷などの状態を確認後プレスでベアリングを圧入します
IMG_1110.jpg
IMG_1111.jpg
併せてクタクタのボールジョイントも交換
IMG_1112.jpg
組み付け後のハブASSY
IMG_1113.jpg
お次はパワステのパワーシリンダー高圧パイプの交換
画像が見づらくてスミマセン
IMG_1114.jpg
外した高圧パイプ
折れるわけではないが接触部分にクラックが入って漏れます
当然増し締めでは治らないし、締めすぎは厳禁
ではなぜこの高圧パイプがダメになるか?
IMG_1405.jpg
それはパワーシリンダーブッシュが崩壊して動くからです
ですのでホース自体を取り換えても再発することが多いです
ましてやこの高圧ホースは欠品(とりあえず買えるけど)です
大事に使いましょう

ちょっと脱線しますが、XMとかの高圧ホースもかなり前に欠品してます(XANとは異なる)
当時悩んでシリコンメッシュホースで作ってもらったことがあります(在庫もあり)
圧力については調べて問題ないと判断し、結局3年ほど問題なく使えていました
IMG_1406.jpg
現在走行中のほとんどのXANのパワーシリンダーブッシュは崩壊してます
早めの処置が必要です
IMG_1407.jpg
IMG_1408.jpg
交換後車両に取り付け完成
当然、パワステが今までで一番良い感触となりました
なお、このブッシュのサイズはいくつかあり、現物を確認する必要があります

それと、現在パワーシリンダー自体も欠品です
後はオイルシールだけ手に入ればほぼフルOH可能なんですよね(大きさは確認済みですが特殊サイズ)
どなたか入手先をご存じないでしょうか?
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する