fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

ルノー ラグナPWレギュレター リペア

PAP_0442 - コピー
ラグナV6です。

個人的には非常に大好きな車両です。
何がそんなに良いかといえば、ワインディングもよいのですが高速道路での100キロを超えた巡航です。
同年代の同クラスのBM,MBよりも私は優れていると感じました。

ではなぜにマイナーかつ珍車扱い(オーナーさんすみません)をされるのか、それは全く信頼性がなく、非常につまらないところが簡単に壊れれしまうからだと思います。
そして交換部品が何気に高価です。
これではお大尽以外の方は乗れません。

もちろん個性的な他には見かけないフロントマスクの割の変なリア。
そんなのも売れなかった原因ではないでしょうか?

でも私は声を大にして言いたい「すきだー!!」(大きくなっていないけど)

壊れるといえばパワーウインドレギュレターですね。
こやつはメガーヌⅡでもちゃんと壊れます。期待は裏切りません。

そして純正アッセンブリーは非常に高価です。

PAP_0439 - コピー
壊れるのはこのスライダーとワイヤーの調整用プラです。

PAP_0438 - コピー
ですので純正ではないリペアキットを取り寄せてみました。
やっすいですよ。5千円くらい。

でも、やっぱり海外のパッキングには度胆抜かれます。
今回はどうせルノーのPWはぶっ壊れるんで左右を取り寄せましたが、なんと部品の一部が左用しかありませんでした。
右の部品はその部分は大丈夫だったので事なきを得たのですが、まあ海外からですのでこんなもんですね。
でも検品用のサイン見たいのが書いてあったのが笑えますが。

PAP_0441 - コピー

PAP_0440 - コピー
とまあ、外して交換して、調整して

PAP_0437 - コピー
完成。

ここで終わりにはなりません。
その前にもう一度、何度かPWを動かせて余分な伸びを取り除きます。
そうしないと動いたときにスムーズに動かなくて引っ掛かり、はさみ込防止センサーが感知してしまします。

よく壊れかけのPWってそういう風になりません?
ワイヤーテンションがうまくいってなくてそうなります。
ですので、そんな状況になったら早めに修理をしてください。
窓、落っこちますよ。

それとルノーに物申す!

たぶん、日本のルノーディーラーだけかと思うけど、パーツこなすぎ!!
20年前だったらまだ理解するけど、カングーの部品到着に3週間オーバー(現在も届かない)はどこのメーカーでもあり得ません。(PSAだったら遅くても2週間)
そして、いつ位に到着するかも尋ねると、到着する前日にならないとわからない という理解不能な回答。
完全になめています。ばかじゃねー!(ウチが嫌われているだけかも?)

ていうか、これでよく修理とかできるよね?部品来ないのに。
ルノーの七不思議です。(ルノー車は好きですよ。ディーラーのパーツ輸入のやり方がアホなだけ?)

皆さんにお伝えしたいのは、国内にない場合本国から取り寄せたほうが早いです。これ本当。

スポンサーサイト



PageTop