fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

プジョー307 ウインカーが点かない!?

SN3O0159.jpg
プジョー307です。

お客様からウインカーが点かないので直してほしいとのこと。
まぁー玉切れくらいに考えていたのですがどうにも接触が悪い。
でも導通を見てみると問題なし。
左右入れ替えても変化なし。

SN3O0154.jpg
という訳でヘッドライトを外します。
ここまでバラさないとヘッドライトは外せません。

SN3O0155.jpg
はい!外れました。

SN3O0157.jpg
中をよく見てみると接点が焼けて穴が開いております。
これでは無理。
それでも何とかこれを直したくて半田を盛ってみようとがんばりましたがムリ。

SN3O0156.jpg
とう訳で中古のライトを購入。

SN3O0158.jpg
装着してOK。
折角なのでヘッドライトも磨いてコーティングをしておきました。

スポンサーサイト



PageTop

オペル トラヴィック タイロッド&ブレーキローター交換

SN3O0166.jpg
うちには珍しいオペルです。

作業自体はたいしたことないのでサクサク進めます。

SN3O0168.jpg
はい!交換終了。手品のようです。
今回は折角なのでラックブーツも交換しました。
ラックのガタはエンドなのかタイロッドなのかきちんと検証しておく必要があります。
どちらのガタも走行に支障が出ますし、タイヤの変磨耗になりますのでチェックが必要です。

足回りのガタといえばロアのボールジョイントも多いですね。
このときの症状はカーブを曲がっていたときに突然カックンと切れ込んでいったりします。
非常に怖いです。
でもリフトアップしてもショックの荷重がかかっているので揺すってもわからないときがあります。
そんなときには面倒でもはずして確認する必要があります。
ガタの基本は縦方向のガタはロアボールジョイント、ハブベアリングで横方向はタイロッドやタイロッドエンドのですので気になる方はチェックしてみてください。

SN3O0167.jpgSN3O0169.jpg
ローター&パッド交換です。特に気になるところはありませんでした。

トラヴィックはなかなかよい車ですね。
ただしシートはもう少し何とかならなかったのでしょうか?イマサンくらいですね。
それと重量が1.5トン超えているのもマイナスですね。
ミニバンのほとんどが超えているとはいえそんなに大きくはないのにね。

今回の記事は地味でした。

PageTop