fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

ボルボ 再び!!

PAP_0328.jpg
ボルボ、、、また帰ってきたんです。

今回はどうやら納車後100キロくらい走ったらλランプ(1-2-3)が点灯したようです。
当店でも70キロくらいは試走したのに、、、、、、がっかりです。

しばらく触る気にも気にもなれなかったんですがやるしかない。がんばりましょう。

念のため放置後、リセットをして50キロくらい試乗してみるとλランプがつかないんです。
なんだこりゃ?と思い、しばらく足代わりに使用してランプの点灯を待つ。

3日くらいしてやっと点灯。
本来なら点灯を喜ぶべきではないのだが修理していないものが直るわけではないので点灯が正解。

ここまでしてからの点灯なので基本的に水温センサーの異常とは考えずらい。
ましては症状的には突然タコメーターが暴れだしてアイドリングが乱れるという症状。
一回症状が出てλランプが点灯してしまえばエンジン自体はいたって快調。

さすがにしばらく悩みました。配線図が欲しい!!
いや、それよりもいっそ専門店で直してもらおう、とも考えました。
ネットで調べてみると、水温センサーの信号線をECUに割り込ませるようです。
私もそれは考えました。

でも、いまいち腑に落ちないのは水温センサーがもしもだめでもタコメーターに異常が出るくらいのアイドル不調は考えずらい。せいぜいリッチに振ってカブリ気味になるくらい。
実際、プラグを点検してもとてもいい状態。ランプさえつかなかったらとても調子はいい。

症状だけを見て取ればスピードセンサーやイグナイター、コイルが怪しい。
イグナイターは交換済み。コイルは点検して異常なし。
スピードセンサーはほかのお店で交換しているようだ。請求書にはのっていた。
なんだろー?

待てよ?もしかしたら電気系に問題があるのかも?念のため、アース線を見直してみよう。

PAP_0327.jpg
実験としてアース線を2本だけ追加しました。
基本、ノーマルと同じ取り回しであくまでもノーマルが劣化している可能性に対して有効なように取り付けました。

アーシングではありません。
アーシングなんかしたって車は速くなったり燃費がよくなったりしません。
しいて言うなら電装品がよく動くくらいです。
これには理由があります。
抵抗値が下がると運動量は上がります。これはご存知ですね。よってたとえばパワーウインドが速くなったりはします。

でも車自体は速くなりません。
中には純正を外して馬鹿みたいに太いケーブルでアーシングしている人がいますがまったくの無駄。
というかむしろ危ない。自己満足だけならいいが危険ですよ。
メーカーはほぼ?無駄なものは付けないし、必要以上のものは付けません。ちゃんと計算されているし、意味のないものは必要ないからです。メーカーは馬鹿じゃない。
世の中にはどうやらアーシング信者なる者たちが存在しているようですので怖いですね。
自己責任としてはいいのですが問題があるので付けないほうがいいですよ。
ましてや新車に近い状態だったらまったく無駄どころか悪くしている可能性が高い。

今回はほかにもプラグコードを昔はやった自作ノ○ジータイプに変更。
以前BX用に作成しておいたものが出てきたので使ってみる。
PAP_0326.jpg
これがまた、ぴったりと付く。
もともと、以前社外品に交換したのですが適当にあったものから装着したんで取り回しがいまいちだったんです。
この手の物は果たして効果はあるのか?実験してみる。

以上を試した結果はもともとエンジンは調子よかったので特別変わらない。
ただ、坂道は力強く感じる。もしかしたらフラシーボ効果かも。燃費を測定したいね。
プラグのやけ具合は非常に良好。

その後150キロくらい試走してもλランプは点かない。
念のため日をずらしてさらに70キロくらい試走。点かない。

ここまででいったん納車する。
納車前に今回やった内容を言わないでテスト走行をお客さんにしてもらうと非常に調子がいいとのこと。よかったよかった。
でも今回やったのはあくまでも実験が多い。
お金も手間賃とガソリン代くらいしかもらっていない。
お客さんの承諾を得てしばらく乗ってもらいました。

その結果は、なんと、1週間くらいしたらまたもや点灯とのこと。
でも最長の結果となりました。
それも今度点いたのはスピードセンサー!!です。
やはりとなるか、それとも更なる泥沼にはまるかは今度の預かりまでのお楽しみ。はぁー、、、、、、
 

スポンサーサイト



PageTop

シトロエンXM-X メーターケーブル修理?

PAP_0271.jpgPAP_0270.jpgPAP_0269.jpg
以前、当店で販売したシトロエンXM-Xです。
距離も出ていなく画像を見ていただいてもわかると思いますがなかなかの車両でした。

もちろん、すべてにパーフェクトなわけではなかったですがセルフセンタリングも含めハイドロ関係は非常に優秀でした。

現時点の問題点はメーターがプルプルしてる。ATが加速時にキューということがある。(変速のショックは大きくはない) パワーウインドが動かないときがある。エンジンのアイドル不良などでした。

もっとも今回はほぼ現状渡しだったのでお金をかけない修理?となったわけです。

まずはメータープルプルを改善する。

PAP_0363.jpg
ここまでバラシます。

XMの場合、見た目のインパクトが強いので面倒な印象が強いですが、実際は順番どおりにはずしてゆくだけ。
ただし、コネクターの数はめちゃくちゃ多いのできちんとチェックしておく。

PAP_0364.jpg
こんな風に画像を残しておくと後が楽。

実際はこれからメーターをはずしてからケーブルを抜くのですがスミマセン、画像採り忘れました。
XMは2分割式のケーブルで、アッパーは現在欠品中。
なので慎重にはずします。

はずしたらケーブルの中にゆっくりとグリスを入れていきます。

昔、バイクのクラッチワイヤーなんかはオイルを入れたりしてました。

もっともスーッとは入っていかないのでケーブルをまわしながらゆっくりと入れていきます。
手でも感触が変わってゆきます。

もっともアッパーはケーブルの湾曲がゆるいのであまり効果が少ないですがせっかくなので行います。

問題はロアーです。

これはまだ新品が出ます。今回はお客さんの都合で新品交換できませんでした。
申し訳ありませんがこちらの持ち出しにもできません。

ロアーは明らかに抵抗を感じます。
十中八九ワイヤーにダメージがあります。
ですのでこちらはしつこいくらいグリースを入れていきます。
時間はかかりますがだんだんよくなっていきます。

ここまでやってもいつかは切れるでしょう。
無責任な言い方ですが新品の状態にはなりません。
でも、1年後には切れていたはずの物が2年、3年持つかもしれません。
そのためにしておきます。

メータープルプルの原因にはメーター本体のギア、ミッション側のスピードセンサーギアも考えられますので合わせてチェックします。

メーター側は電動ドリルにフレキシブルシャフトで咥えさせて回せばわかります。
この時点でメーターに振れがあればメーターです。

スピードセンサーギアの場合ははずして目視、あわせて回してみればわかります。
プラスチックのギアの場合、ギアが磨り減ってかみ合わせが悪いものがあります。
ギア単体でも交換できますので大丈夫です。

ここまでやった結果は今まで60キロくらいで最大振れ幅1.5センチだったのが2から3ミリくらいまで改善されました。

これをよしとするかどうかは乗り手しだい。

さてATのほうですがとりあえず様子見でATFを交換しました。
多少改善したでしょうか?

こういった古いATの場合、一気にATFを交換するとスラッジがでて詰まる恐れがあるので今回は一回だけ交換しました。

BXなんかの4HPとかだと思い切ってオイルパンを剥ぐってフイルターを交換してしまうのですがこのATは無いからできません。
無い訳ではないのでしょうが、そこまでやるには大事になってしまいます。
様子を見ましょう。

Fパワーウインドははずしてみて確認をするとレギュレター側のギアのすり減りですね。
パワーウインドは全閉か全開からの動作が多いためどうしても同じところのギアに負担がかかります。

ギアに負担がかかったということは動きが悪くなってきたということ。
気休めにグリスを塗っておく。多少動くことが増えました。

リアはサッシガイドの破損ですので交換が必要です。
レギュレター自体は問題なし。


エンジンのアイドル不良は基本点火系からチェック。
プラグを見ると多少、すすが付いている。

デスビキャップをチェックするも異常なし。
プラグコードも外国産新品に交換済み。

でもコードを抜き差しをしてみると違和感あり。

プラグコードってきちんと入ると最後プラグの頭に入るときギュポッて感じで入るでしょ?
それが無い。がんばっても入らない。

プラグ孔の深さとプラグコードの長さを測るとこれでは入らない。
多分、汎用品なんだろうな?
長さだけだいたい?そろえただけ。

だって、コードの水が入らないようにつばが付いているんだけど4枚もあるんだもん。
普通の人はそのまま使っちゃうよね?

この車、きちんと記録簿が付いていたので確認するとエンジン不調の入庫あり。
その前に自分でプラグコードを交換したのかも?
それなりのショップにてチェック受けたのに直んなかったみたい。
こういった修理はダイアグにも出ないので時間ばっかりかかって儲からない。
実際、ダイアグにはエラーが出ていない。
だからあんまり真剣に直さない。
記録簿みると違うところ修理している。
もっともそこも悪かったのかもしれないが。

だから前のオーナーは手放したのかも?もちろん、ほかにも原因はあるだろうけど。
距離が出ていないのも妙に納得。

そういうわけでほかの新品に効果かと思いきやただ単につばを3枚切除しただけ。
その結果、ちゃんとギュポッと入ってエンジンの不調は直りました。
もちろん念のためスロットルボディーは洗浄しました。

以上が今回、行った修理?ですがやっぱりXMは100万以上で販売しないとだめだね。
快調で保障つきだとそれくらいいただかないと無理。
外装まで本気できれいにするなら150万くらいになってしまう。
売れないよねー?

今回の販売価格は4分の1くらい、車検も長く付いている。
現状で納得していただくほか無い。

でもXMだもん、何があってもおかしくないです。
でも、久しぶりに乗ったけど初期型のXM-Xは最高です。
現在も乗っていらっしゃる方は大変でしょうが大事にしてあげてください。



PageTop

シトロエン エグザンティア テンショナー&ブロアー修理

PAP_0351.jpg
ある日の夕方、お客さんからオルタベルトが切れたと連絡が入りました。
エグザンティアの部品なら中古であるので現地で修理しようと部品をはずし現地に向かいました。

現地に着き車を確認するとベルトはぐちゃぐちゃに切れておりただならぬ状況。
よーく観察してみるとテンショナーがガタガタになっている。
これはテンショナーベアリングがだめだ、、、、

仕方ないんで工場にテンショナーを取りに行く。
テンショナーを取り付けベルトをかけていくと何か違和感が、、、、、
アイドラーがベアリングレースだけになっている!!!

仕方ないんでまたもや工場に積載車を取りに行く。時間がすでに8時を回っていて場所も場所だしもう危険です。

もちろんエンジンはかかります。
でも自走は絶対できません。というか自走はとても危険です。

皆さんもうお気づきだとは思いますがエグザンティアを含めたハイドロシトロエンの場合、ベルトが一本の車両が多く、そのベルトが切れた場合ハイポンプが作動せずに結果ブレーキがまったく利きません。
もちろんパワステも車高調整も効きません。
BXのころは別になっていたのでポンプベルトをトランクに忍ばせていたものです。

PAP_0350.jpg
部品たちはこんなになっていました。
せめてもの救いはお客さんが最後停止した時にブレーキ圧が残っていてきちんととまってくれたことですね。
積載車に載せるときも非常に怖いです。
サイドブレーキだけが頼りですから。
でも人間とっさの時にはわかっていてもブレーキを踏んでしまいます。私もやっぱりやりました。

かつて名古屋からBXスポールを買ってきたときに自走で帰ってきたのですが首都高が混んでいたので環8に降りたときにしばらくしてストップランプが点灯しました。
路肩に止めてボンネットをあけて調べるとハイポンプのホースからダーダー漏れ。

LHMは2本くらい有るけど絶対足りない。
仕方ないんで今度は関越道に乗り、埼玉の深谷に向かいました。
完全に車高は下がりパワステは効かず、ブレーキはサイドのみ。
雨は降ってくるし、車間距離をいっぱいにとり60キロ巡航で向かいました。
何とか無事着きましたが体中から変な汗が出てました。
たまたま運良く道もすいていたので無事でしたが絶対にまねしなしでください。
本当に危ないですから。
車は結局そこから陸送してもらいました。

さて、このエグザンティアは時々ブロアファンが動かなくなったり、時計が切れたりしていたんですがあるとき完全に動かなくなってしまいました。
PAP_0283.jpg
仕方がないので考えられる場所の点検を行うとブロアーファンまでは電気はきていない。
ということは断線かヒューズかな。
ヒューズは問題ないし電気はきている。
このときエアコンのスイッチにも電気はきていない。

といことはコントロールパネルの可能性もある。
でもエグザンティアはコントロールパネルをはずした状態でもブロアーファンは回る。
これはもしかして、、、、、
配線図とにらめっこしてすべてのトラブルと一致する場所はどこかと調べると、

PAP_0332.jpg
答えはヒューズBOXでした。
部品取り車からはずして交換するとあっさり治りました。

PAP_0331.jpg
現車からはずしたヒューズBOXです。

PAP_0330.jpg
バラシて半だの状態を確認すると画像右の半田が割れていました。
念のためこの部分を半田しなおして部品取りに取り付けると問題なく動きました。

今回はちょっと回りくどい修理となってしまいましたが電気トラブルはヒューズBOXを疑うのも手だといい勉強になりました。
かつてランチアでもヒューズBOXのトラブルはありましたが新しい?車でもなるので注意が必要です。

PageTop

ルノー カングー タイミングベルト交換

PAP_0325.jpg
ルノー カングー1.6 タイミングベルト交換です。
このK4Mエンジンのタイミングベルト交換はさほど面倒ではないのですが特殊工具が必要となります。
ひとつは画像の下についているカムシャフト固定ツールともうひとつはクランク固定ピンです。

何でこんなものが必要かというとK4M,F4Rなどのエンジンにはカムプーリー、クランクプーリーの位置決めキーはありません。そのためプーリーを緩めるとフリーの状態になるためもとの状態がわからなくなる恐れがあります。
なので最初にカムとクランクを固定する必要があります。

このやり方の方がタイミングベルトに適切なテンションをかけることができるしバルタイが狂いずらいのかもしれません。
カムプーリーがフリーになるエンジンはほかにもあります。

なのでツールさえあれば交換はさほど大変ではないです。(それでもPSA系のエンジンに比べれば面倒ですが)

それとテンショナーも独特ですのでバラス前に原理を知っておいたほうがよいです。

今回はタイミングベルト、WPとともにカムシール前後、クランクシール、インテークシールも合わせて交換しました。

PAP_0324.jpg
K4Mエンジンが載っている車の大部分にここからのにじみが出ていてひどい場合には漏れているものも見かけます。

今回は漏れがひどかったのでチェックすると完全に硬化していて弾力がありませんでした。
もしかすると未燃焼ガスやブローバイガスに対して相性が悪い材料かも知れません。
出なければ5年経過で5万キロでこの症状は理解できません。

実際取り寄せたものは色が変更されていました。材質も変更されている可能性も高いです。
K4M型にお乗りの方はチェックしてみてください。

PAP_0323.jpg
スロットルボディーもせっかくなんできれいに洗浄しました。
スプレータイプやフォームタイプの洗浄剤は使用状況によってはトラブルを招くことがありますので注意が必要です。
できればはずしてからスラッジをおとし、その後にパーツクリーナーで洗浄が望ましいです。
パーツクリーナーにもいろいろな種類がありますのでできるだけゴム等に攻撃性の低いものがよいですね。
ホームセンターで売っているものの中には安いけど非常に危険なものがあります。
使う前にゴムに影響が少ないか試してから使ってみてください。

PAP_0322.jpg
これが今回交換した部品たちです。(インテークシールがないけど、、)
ここまでやれば当分は問題なく動いてくれでしょう。

PageTop

部品取り車 クサラ エグザンティア

PAP_0268_20110521153305.jpg
PAP_0267_20110521153306.jpg
部品取り車の追加です。
シトロエン エグザンティア16Vと同16V ブレーク 

ZX 2.0 ムスケティア フルエアロ モレッティ4灯キット デヴィルマフラー ビルシュタイン&アイバッハ 追加です。

PAP_0348.jpg
PAP_0349.jpg
シトロエン クサラ VTR
希少なMT 動きます。距離15万キロくらい
足回りはビルシュタイン、マフラーはデビル、ホイールはスピードライン
フロントシートは前期VTSの皮シートに交換
書類はありますのでベース車としてもよいのでは?

ご希望の方はお早めに。

なお、以前の部品取り情報にあったプジョー205、シトロエン クサラVTS,ZX前期は処分してしまいました。

PageTop

ベンツC230 電動ファン 異常

PAP_0321.jpg
久しぶりに入庫のベンツ C230です。
距離はすでに16万キロを突破して現在も基本的には問題なく走っております。

今回はなぜか電動ファンが回りっぱなしになるとのこと。
いろいろ考えられますがやはりヒューズBOXか電動ファンレジスター、あるいはリレーだと考えられます。

最初にテスターにつないでエラーコードを調べてみると何でか読み取れませんでした。
当店のテスターはスナップオンのものですがあくまで汎用品ですね。すべてに対応してはいないですし、変な文字化けはするしで結構腹立つこともあります。
購入するときはバージョンアップが可能とのことで買ったんですけど結局、後継の機種が出てそちらを購入してくださいとのことで、バージョンアップは出来ません。
買えるかー!そんなにポンポン50万円くらいのものが買える訳ねーだろ!
まあ、現在のがあるだけましですが、、、、

話が脱線してしまいましたが、その後ヒューズBOXを点検してみるも特別問題なし。

リレーかなー?と思って調べると該当リレーが見当たりません。

いろいろ悩んだ結果、Dに連絡して教えていただきました。

その結果、
PAP_0320.jpg
これでした。
これが電動ファンモジュールです。
この中にリレーも組み込まれております。

本来は新品にするのですが後1年半くらいの命でしたので、何とか中古を見つけて交換したら無事治りました。

だめなほうをせっかくなのでバラしてみると特に半田とかには問題なさそう。
コンデンサーとかがだめなのかな?結局わからずじまい。機会があったら調べてみようっと。

電動ファンの場合、動かないほうが多いので動きっぱなしは初めてでした。
意外と多いトラブルなんでしょうか?

話は違いますがC240で、キーが回らないというトラブルがありました。
このC240は電子キーに変わったばかりのころのモデルでしたのでいろいろとトラブルは聞いておりました。

普通だったら最初に何とかして積載車に載せて持ってきちゃうんですが、絶対入れない場所で挙句にはハンドルロックがかかっているのでそこから移動も出来ませんでした。

現地に夕方向かい確認してみるとキーを挿入?しても最初のカシャというロック解除の音が聞こえません。
最悪ロックだけ解除できれば後はお持ち帰りで何とかしようと考えましたがロック解除が出来ません。
出来れば破壊は避けたいのでDに相談するとリモコンキーの電池不足でもこんなトラブルになるし、ロックは機械式なのでばらせば何とかなるとのこと。
出来ればスペアキーも試したほうがよいとのこと。

ためしに電池交換。だめでした。

ロックを解除しようと内装をはずして見ると機械式ではなく電磁式でワイヤーもないです。
何とかがんばりましたがやはり厳しそう。
そりゃそうですよね。
こんなんでロック解除されては車が簡単に盗まれますもんね。

仕方ないのでがんばってお客さんの自宅にスペアキーを借りに行って試した見ると一発でカシャ!!
こんなに簡単に直るなんて、、、、、早く取りにいけばよかった、、、、
どうやらキーの認証ができなくなっていたようです。
お客さんに聞いたところ最近ステアリングロックの解除がしにくくなってたんだよね。とのこと。
そのような症状が出てきたら注意が必要ですね。
何はともあれ、スペアキーは絶対必要ですので作っておく必要がありますね。(でも高いんだ、、、)

時間は夜の10時、公共の施設だったのでここまでがタイムリミット。
翌日朝早く、内装の取り付けに行って完了となりました。

電子キーのタイプはまずはキーを疑うのが先決ですね。
スペアーをお持ちでない方は必ず作っておいたほうがいいですね。

もしかしたら、こんなのベンツの常識だよ!と言われてしまうのかも知れませんが、知らないって本当に怖いですね。精進いたします。

PageTop

ルノー トゥインゴ タイミングベルト交換

PAP_0344.jpg
販売車のルノー トゥインゴのタイミングベルト交換です。
作業自体の難易度ははたいしたことなんですが結構手間がかかります。

PAP_0342.jpg
見ていただければわかるのですがウオーターポンプをはずすためにはここまでばらさないとはずせません。
オルタやブラケット、エアコンコンプレッサー、作業性を考えて右ヘッドライトなどはずしました。

PAP_0341.jpg
後は元通りにくみ上げて完成。

実はこのトゥインゴ、空調もだめだったのでブロアーレジスターも交換しました。
その際画像は取り忘れたのですが面倒です。
ダッシュボードは基本はずします。
私は面倒だったのである程度ダッシュの隙間を作ってそこから交換しました。
暑い日にする作業じゃないですね。
でも、暑いから空調が完璧じゃないとお客さんがつらいですからがんばらないと。

これ以外にもエアコン関係は多数、やりました。
当店ではUVリークテスターはもちろん、フロン検知器もありますのでエアコンでお悩みの方はご相談ください。

PageTop

カプチーノ ミッションOH&タイミングベルト交換

PAP_0295.jpgPAP_0309.jpg

カプチーノのミッションです。とても小さく軽いので一人でも楽勝。
これからOHするのですがその前に極力きれいに洗浄です。

サクサクばらしていくとリバースギアのところで違和感を感じてよく見ると
PAP_0308.jpg
PAP_0307.jpg
セカンドケースに亀裂があります。なんで?
それにカウンターギアに磨耗もあり再利用不可。

仕方ないので部品商に注文すると、セカンドケースがメーカー在庫なしで3カ月くらいかかるとのこと。
はぁ、、、、
待っているのも時間の無駄なので知り合いに中古のミッションを聞いてみると持っていました!
早速譲ってもらい作業再開。
状態はわからないのであくまでも部品取りとしてですが。

早速ばらして部品を確認してみると
PAP_0356.jpgPAP_0357.jpg
こんなに状態が異なりますし、ロックプレートの上にシムがあるはずなのに元のミッションにはありませんでした。
このミッションって一度お客さんがDから購入してからクレームでばらしたはずなのでもしかするとその際入れ忘れた可能性が高いです。
うっかり何でしょうが、結果、リバースはギアは壊れてしまいました。

PAP_0358.jpgPAP_0359.jpgPAP_0355.jpg

後はサクサクばらしてシンクロ、ベアリング、オイルシールを交換していきます。

PAP_0360.jpg
これで大体完成ですがチェンジロッドをばらしていくとまたしてもトラブル発生!!

PAP_0354.jpgPAP_0353.jpg
ロッド 曲がっております。いつもより多めに曲がっています。
なんでこんなことが起こるのか?

ほぼというか間違いないというか、誰かミッション 落としただろー!
こんなロッド 人力じゃ曲げようとしても曲がんないよ。

ほんと、部品取りのミッションがあってよかった、、、、、なかったら終わんないよ、ホント、、、、

PAP_0352.jpg
というわけでいろいろあったけど無事 完成。後は動かしてからですね。

PAP_0347.jpg
次はタイミングベルト&WP交換ですね。
もちろんせっかくこんなにばらしたんだから交換できるオイルシール&パッキンは全部交換。
もともとこのエンジンはやけにオイル漏れが多かったんです。

PAP_0346.jpgPAP_0345.jpg
カプチーノはヘッド側が二重構造で分離できます。
ここからも漏れている車両をよく見ます。
面倒ですがタイミングベルト交換の時にはここまでばらしてシール交換をすると上からの漏れは止まりますよ。
もちろん、カムシール、デスビのシール交換も忘れずに!

PAP_0340.jpgPAP_0339.jpg
今回は下側のオイル漏れも全部直したかったのでオイルパン、フロント&リアケースもばらしてシール交換をしました。

画像にはありませんがターボ、オイルフィルター部分のオイルシール&パッキン、ホースも交換です。

PAP_0337.jpg
オイルパンをドッキング。

PAP_0338.jpg
邪魔なものがないうちにエンジンマウントも交換。意外と面倒です。狭いからかな?

PAP_0336.jpg
後は普通にタイミングベルトを取り付けてOKです。

PAP_0335.jpg
クラッチも交換してます。

最後の完成の画像はないですが非常に調子よい車になりました。
やっぱりカプチーノは大好きですね。







PageTop