fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

とんび 現る!?

P1010516.jpg
ある日、犬の散歩をしていると犬がやけに草むらに大してほえる。
てっきり何か食べ物でも落ちているのか?と思ってよーく見ると鳥らしきものが見える。
鷹とか鷲みたいだが少々小さい。
弱っているようでいったんうちに帰りその後、保護してみました。

P1010518.jpg
トンビですね。
まだ幼鳥のようで飛べるわけではない。

どうしようかと考え、いつも犬を診てもらっている動物病院に連絡すると、とりあえず診てくれるとのこと。
つれていくとどうやら足に問題があるようだ。

栄養剤を飲ませて様子を見ることに。
さて、これからどうしたらよいのか?

先生は「野生動物はその場所に返してあげてください。もちろん猛禽類を飼うことは基本的に禁止されている。それで死んでしまうようならば、その動物の運命です。」
そうですよね、、、、、、、

ところでこういう場合の診察料はというとタダ!!なんですね。
お金は持っていったのですが拍子抜け。
ありがとうございました。

その後、自宅でちょっと観察して元の場所にご飯になればとドッグフードとともにおいてきました。
このトンビの目って野生動物特有のきつい目ではあるのですが幼鳥だったせいかどことなくかわいいのです。

何日か遠くからチェックしていましたが、姿は見なくなりました。
飛んでいったのでしょうか?

しばらくして上空を見上げると三羽のトンビが気持ちよさそうに飛んでいました。
もしかしたらあの親子かも?
そう思ったらなんだかうれしくなりました。

デモね、本当のこというと、飼いたかったんだよね?
昔、鷹狩にあこがれたことがあって、このトンビでもできるかな?と思ってしまいました。
元気だといいな。

PageTop

ねこねここ猫

025.jpg
車屋のブログで動物を記載するのはちょっとだけ抵抗がありましたが私は車と同じくらい大好きなんです。
ですので、和みの一服だと思い載せていただきます。

猫だけでなくなんとなく見つけた動物たちもたまにですが載せてみたいと思います。

この子はギンちゃんです。
一年前の1月頃にうちに遊びにきていた男の子です。
近所の猫でしたが何故かよく来ていました。
非常に人懐こいかわいい子だったのでもらい受けることになり準備していたところ車に引かれてしまいこの世を去ってしまいました。

021.jpg026.jpg001.jpgHIMG0044.jpg




当時うちにはビーグル?のイチ君とハムスターのリンちゃんがいたため室内飼いができませんでした。
ハムスターにとって猫はやはりマズイでしょ?

早くきちんと室内飼いができていればと後悔しました。

今でも画像を見ると、いろんなことを思い出します。

私は車屋なんですが工場に遊びに来てなぜかエンジンルームで丸まって寝ます。
危ないから何度もしかっておろすんですがでもあきらめずに?また来ます。

お客さんの評判もよく、ギンちゃんを見に来る人もいました。

短い間でしたが私にとってはたくさんの思い出をここしてくれたかわいいかわいいギンちゃんでした。

セバ2
この子は、ギンちゃんの兄弟で私たちが呼ぶのに面倒だったのでセバスチャンの勝手に名づけた子です。
この子も非常に非常に人懐こかったのですが微妙に泣き声が野太くおっさんみたいでした。

かわいい子でしたがギンちゃんを貰い受ける話が出ていましたのでこれ以上増えても困るのであえて無視してました。
本当はもっとかまってあげたかったんですが、、
この子もギンちゃんがなくなって数ヶ月後には轢かれているのを発見して非常に悲しくなりました。
飼い主に知らせましたのできちんと埋葬されていると信じたいです。

今、ギンちゃんのお墓には亡くなったときに植えたグレープフルーツの木が葉を大きく茂らせ元気に成長しています。
まるで、あの元気でかわいいギンちゃんのように、、、、、

PageTop