fc2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

シトロエン C3 プルリエル 異音

IMG_1502.jpg
C3プルリエルが異音修理で入庫

異音自体はブレーキを踏んだ時などに主に左フロントに出ている
音質的には金属がこすれるものでなく、ゴム系のギュ!という感じの音

リフトアップして各部を目視しても特にブッシュ切れは無い
しいて言えば、ロアトルクロッドがステーごと歪んでいるくらいです
これからの音ではない
では各部を上から下からゆすってみると、左フロントに違和感有
IMG_1504.jpg
フロントカウルを外し、アッパーマウントをゆすってみるとガタがあった!

ショックASSYを外しアッパーマウントをよく見ると
IMG_1505.jpg
見事に偏心している
これなら音質もあっている

左右アッパーマウントキットを交換してフロント側の異音は解消
お客様はショックアブソーバーを心配していたが問題なくてよかったです

IMG_1506.jpg
その他異音に繋がる部品として劣化していたスタビリンクロッド、ロアトルクロッド、そして画像にあるリアバンプラバーを交換

リアバンプラバーは大概劣化していても交換されていることが少ないですが、リアショックの底付を防ぐとともに乗り心地にも寄与していますので劣化が確認できたら交換を薦めます(安い部品の割に効果はあります)
これ以外にもFスタビブッシュ、リアコントロールアームブッシュなども交換したかったのですが、国内在庫なしでいつ来るかもわからないためそれは後日となりました

スポンサーサイト



PageTop

シトロエン2CV 不動

IMG_1488.jpg
2CVが不動で運ばれてきました

2CVの不動の原因はポイントならポイントの焼け、デスビキャップのトラブル、燃料ポンプ、そして燃料ホース

まずは燃料ポンプの点検から行うために、ポンプの下のホースを延長してガソリンを入れたミニタンクにつなぐ
するとあっけなくエンジン始動
ということはお約束の燃料タンクのホースだと思われます
IMG_1491.jpg
まずは燃料タンクを降ろします
V6の2CVだと樹脂タンクになっていてとても軽いです(AZAM等は金属タンク)
IMG_1490.jpg
問題のホースは短いほうで長いホースはなぜかタンクの上に放置プレイ
一瞬どこかにつながっているのかと考えてしましました
短いホースがパックリ割れてエアを吸って燃料が吸えなかったようです
そこのホースは抵当なサイズのホースを接続して完成
IMG_1492.jpg
それと以前より当てにならなかったセンダーユニットも交換
こんな時ではないと交換できませんから
IMG_1493.jpg
分解したセンダーユニット
こんな風に絡まってしまって正確に燃料を表示できなかったようです
レベルバーもすり減って変形しています
これで安心して乗っていただけます

ただ、将来を見据えると、キャブ、燃料ポンプは交換・OHしたいですね

PageTop

シトロエン エグザンティア ハブベアリング パワステ修理

IMG_1105.jpg
エグザンティアが各種修理で入庫
IMG_1108.jpg
デフサイドオイルシールからATF漏れ
漏れるのは圧倒的に左からが多いです
交換もオイルシールの打ち込みが面倒で仕方ないのでSSTを作りました
IMG_1107.jpg
お次はハブベアリングの交換
外したハブASSYです
IMG_1109.jpg
分解後傷などの状態を確認後プレスでベアリングを圧入します
IMG_1110.jpg
IMG_1111.jpg
併せてクタクタのボールジョイントも交換
IMG_1112.jpg
組み付け後のハブASSY
IMG_1113.jpg
お次はパワステのパワーシリンダー高圧パイプの交換
画像が見づらくてスミマセン
IMG_1114.jpg
外した高圧パイプ
折れるわけではないが接触部分にクラックが入って漏れます
当然増し締めでは治らないし、締めすぎは厳禁
ではなぜこの高圧パイプがダメになるか?
IMG_1405.jpg
それはパワーシリンダーブッシュが崩壊して動くからです
ですのでホース自体を取り換えても再発することが多いです
ましてやこの高圧ホースは欠品(とりあえず買えるけど)です
大事に使いましょう

ちょっと脱線しますが、XMとかの高圧ホースもかなり前に欠品してます(XANとは異なる)
当時悩んでシリコンメッシュホースで作ってもらったことがあります(在庫もあり)
圧力については調べて問題ないと判断し、結局3年ほど問題なく使えていました
IMG_1406.jpg
現在走行中のほとんどのXANのパワーシリンダーブッシュは崩壊してます
早めの処置が必要です
IMG_1407.jpg
IMG_1408.jpg
交換後車両に取り付け完成
当然、パワステが今までで一番良い感触となりました
なお、このブッシュのサイズはいくつかあり、現物を確認する必要があります

それと、現在パワーシリンダー自体も欠品です
後はオイルシールだけ手に入ればほぼフルOH可能なんですよね(大きさは確認済みですが特殊サイズ)
どなたか入手先をご存じないでしょうか?

PageTop

シトロエンXM ブレーキバルブOH

IMG_0862.jpg
右の茶メタのXMがLHM漏れで入庫
IMG_0853.jpg
確かに漏れています
ココを濡らすのは基本アッパーブラケットからかブレーキバルブからしかありません
アッパーからは漏れてないようです
ということは
IMG_0854.jpg
IMG_0855.jpg
カウルやらカバーやらを取ってい行くとブレーキバルブとご対面できました
もれていますね~
IMG_0856.jpg
取り出したブレーキバルブをまずはクリーニングします

ブレーキバルブ自体はBXのころからほぼ一緒で互換性があります
当店でもOHをスムーズに行うためコアを常時保管してあります
IMG_0857.jpg
分解組み立てしてゆきます
その際LHMを塗りながら部品ごとにスムーズに稼働するか確認しながら組み立てます
IMG_0858.jpg
完成したブレーキバルブです
IMG_0859.jpg
各部をクリーニングしてから組み付けます
当然パイプシールはすべて新品交換で、少しでも劣化があればホースも交換します
IMG_0860.jpg
最後にエア抜きをして完成です

PageTop

シトロエンC3&プジョー106 足回り異音

IMG_0883.jpg
C3は当店の代車でほぼ毎日出勤しています
当然距離も伸びるのでガタも出てきます
以前はヘッドOHに伴いインジェクター等も交換して現在は10万キロ以上走ってますが調子は良いですよ

さて今回は足回りからの異音
コトコト段差を乗り越えるときに鳴ります
IMG_0884.jpg
今回の原因はスタビリンクロッドです
IMG_0885.jpg
ブーツこそ切れていませんが中のボールジョイントがクタクタです
IMG_0886.jpg
交換後、試乗してOK、まだまだ頑張ってもらいます

IMG_0973.jpg
お次は106S16です
距離によるエンジンマウントの劣化を考慮してマウント交換になりました
これはMTマウントです
結構潰れています
IMG_0974.jpg
MTの下にジャッキをかけて抜いてあげればOK
IMG_0975.jpg
アッパーマウントです
3点で構成されていて左上のバッファも大切な部品ですのでセットで交換します
IMG_0976.jpg
交換後はエンジン自体のレスポンスが上がったような印象を受けるほどシャキッとしますのでおすすめです
なお、ロアートルクロッドは以前交換しましたので今回は交換しません

こういった足回り、ロッド類には強化品やレース部品もあります
部品は何が何でも強化品が良いわけではなく、その部品のメリット・デメリットをよく考えて選ぶ必要があります

PageTop