FC2ブログ

フランス車 整備 販売 CHESTERFIELD

プジョー ルノー シトロエン大好きな店主によるよくありがちな修理日記です

プジョー 106S16 クラッチ&EXマニ交換

IMG_1483.jpg
プジョー106S16がクラッチ交換とお客様購入のEXマニ交換で入庫
IMG_1485.jpg
それなりの齢を経て各種汚れが蓄積しています
特にオイルシールからのオイル漏れや摩耗しているシフトフォークなどは交換が必要です
IMG_1487.jpg
クラッチはレリーズベアリングの破損が引き金でもうボロボロ
良くクラッチが切れていたと思います(ダイアフラムスプリングに注目)
IMG_1512.jpg
ミッション本体はもともと問題がなかったと思いますのでオイルシール達を交換してクリーニングでOK
IMG_1513.jpg
クランクリアオイルシールを交換して新品クラッチを装着

フライホイールはちょっとだけ軽量タイプを考えましたがストリートモディファイだとむしろ乗りにくくなるし、アイドリングも乱れることが多いです(たまに超軽量タイプがあるがアレは普通には使えない。部品として売ってると欲しくなるらしいけど)
後はミッションを合体させれば完成ですが、ドライブシャフトブーツにキレを発見したので
IMG_1514.jpg
ブーツを交換
IMG_1515.jpg
これで完成
IMG_1516.jpg
お次はEXマニです(メーカーは不明)
立派なパイプで果たして普通につくのでしょうか?
ただでさえ、隙間が無いのにね?
IMG_1517.jpg
とにかく隙間を作るためにフロントカウル等は外したり、緩めたりします
IMG_1518.jpg
そうすると純正EXマニは外れます
外れたらオルタネーターの配線の延長と取り回し、被服を行います
IMG_1519.jpg
新旧EXマニ
このEXマニは純正の構成で作られている
そうでなければこの形状では取り付けが困難そう
IMG_1522.jpg
とりあえずの仮固定
エンジンをかけると盛大な排気漏れ
スタッドボルトが一部長すぎて干渉している
2本短いスタッドボルトを使用してなんとか取り付け完了
IMG_1521.jpg
取り付けに際してオイルフィルターブロックなども取り外しました
このEXマニはレースパーツに等しいクオリティ(悪い意味でね)でした

その後また排気漏れがあったようなので、歪みも含めてまたやり直します
中古EXマニはでは良くあることで、ほっておくと他にもトラブルを起こすので早急に対処しないといけません(はぁー)

スポンサーサイト



PageTop

シトロエン C3 プルリエル 異音

IMG_1502.jpg
C3プルリエルが異音修理で入庫

異音自体はブレーキを踏んだ時などに主に左フロントに出ている
音質的には金属がこすれるものでなく、ゴム系のギュ!という感じの音

リフトアップして各部を目視しても特にブッシュ切れは無い
しいて言えば、ロアトルクロッドがステーごと歪んでいるくらいです
これからの音ではない
では各部を上から下からゆすってみると、左フロントに違和感有
IMG_1504.jpg
フロントカウルを外し、アッパーマウントをゆすってみるとガタがあった!

ショックASSYを外しアッパーマウントをよく見ると
IMG_1505.jpg
見事に偏心している
これなら音質もあっている

左右アッパーマウントキットを交換してフロント側の異音は解消
お客様はショックアブソーバーを心配していたが問題なくてよかったです

IMG_1506.jpg
その他異音に繋がる部品として劣化していたスタビリンクロッド、ロアトルクロッド、そして画像にあるリアバンプラバーを交換

リアバンプラバーは大概劣化していても交換されていることが少ないですが、リアショックの底付を防ぐとともに乗り心地にも寄与していますので劣化が確認できたら交換を薦めます(安い部品の割に効果はあります)
これ以外にもFスタビブッシュ、リアコントロールアームブッシュなども交換したかったのですが、国内在庫なしでいつ来るかもわからないためそれは後日となりました

PageTop

プジョー508SW 車検整備 CAN不具合

IMG_1377.jpg
プジョー508SWが車検整備で入庫
お客様からオイル減り、クーラントの減り、チェックランプの点灯等を告げられました

オイル減りはエンジンオイルの再検討とお約束のオイルフィルターブロック、タペットカバーからですね
IMG_1378.jpg
アンダーカバーもオイルでベトベト
IMG_1379.jpg
この奥から漏れているので
IMG_1382.jpg
IMG_1383.jpg
ごっそり外し確認してみると、漏れています
IMG_1384.jpg
パッキンはもうただの硬化したプラスチックになっています
IMG_1385.jpg
出来るだけ綺麗にして
IMG_1386.jpg
組み立てます
今回は予防でタービンパイプも併せて交換しています
IMG_1388.jpg
お次はタペットカバーパッキン交換
滲んでいます
IMG_1389.jpg
綺麗にクリーニングしてから組み立てます
IMG_1391.jpg
お次はチェックランプ
コードを見ると燃料系、CAN通信系(これが後でひどいことに)
燃料系はで多いのは高圧燃料ポンプ(もう外れてる)
ちょっと前ではヒューズボックスも疑いましたが今はほとんどトラブルは減ったと助言を受けポンプを疑います
IMG_1390.jpg
新旧ポンプですが新も新品ではなく1万キロ走行未満のポンプを使用
ちょっと実験的な要素もあったし、新品が結構なお値段
IMG_1392.jpg
結果はこれでエンジンチェックは消えました(試走を繰り返しましたが問題なし)
IMG_1393.jpg
お次はサーモブロック
水漏れのほとんどはここからで、今回の部品はさほどではないですがプラスチックの崩壊が多いです
また、記録簿を確認しても一度も交換されていないので交換となります

ただ、このサーモって電磁バルブが付いていて、テスターで見ていると設定温度に達するといきなり全開になるタイプ
ましてやこのタイプの水温が基本高めに設定されているため心配になります
もう少し早めに開いてくれればいいのですが、燃焼効率を考えると温度は高めのほうが良いためそうなっているのでしょうか?

その後、加圧テストを行って漏れがないのを確認して完了

後はバッテリー交換をして車検に行きます

ところがバッテリーを交換したらAT系のエラー表示
テスターでエラーを消してしばらくは大丈夫でした
車検に向かうと途中でまたもやエラー

エラーになっても特段セーフィティモードになるわけではなく、セルモータがたまに動かなくなるくらいでした(結果としてニュートラルSWのニュートラルを検知できなかったから)
車検自体は問題がなかったし、テスターは持って行ったので途中リセットしておきました(この時はまだエラーが消えた)
戻ってきてからセルが動かないことが多発してこれではだめだとATのニュートラルSWからヒューズボックスに向かう配線のカプラーを点検しましたがオイルの付着もなくしいて言えば、クーラントのような液体が付いていいたくらいです(その前にサーモブロックの交換をしたのでクリーニングはしたが、完全には取りきれないのが配線カバーに付着)

すると今度はエンジンECU、ATECU、ブレーキECUなど基本動作を司るECUとアクセスできなくなりました
何件か同業者に相談してみたもののそのような状態になったことが無い、との事
暫く格闘したのですが変化なし

仕方なく仕事の依頼として県内の船橋プジョーDに連絡するも受け付けの女性から「後でご連絡しますの」との回答
結果としてその後一度も連絡はないのですがね
技術泥棒をするつもりは無く、あくまでも仕事として依頼だったんですがね

さらに仕方がないので、多分信用できるだろう有明Dに連絡してみる
ココでも最初に技術的なことは回答できないといわれる
教えてくれとは言っていない、修理できるか聞いているだけ ホント人の話を聞かないよね

何をして今に至ったかを、サービスフロント?の人間に伝えるとみてみないことにはわからない (でしょうね)
1週間くらい先なら入庫できるから持ってくるようにとの事

積載車で行くと「下ろして奥に置いといて」とあっさり言われる
不動車でシフトロック、リアブレーキロックがかかっている、せめてテスターにつなぐかと思って工具やテスターは持ってきていないし、今日は何もしないとの事(まさしく入庫だけで駐車スペースが空いただけ)
仕方ないのでやってはみるものの、工具が無いため手が届かずシフトロックが解除できない
マイナスドライバーを借りて解除
その後一人で車両を降ろしてなんとか動かす(さすがに最後は手伝ってくれたけど)
その後、事情聴取されるもまた最初から聞かれる(何回同じことを伝えれば話が通じるのだろうか?もしかして俺が変な言語で話しているのだろうか?)

さらに2週間近く経ってから車両の現状の連絡がきた「配線が怪しいです、何かされましたか?」との問い(またか)
結局、可能性がありそうな配線を交換してみて反応を見るとのこと(その程度か)
部品は国内にないので半月から1ヵ月かかるとの事(大丈夫、もう驚かない)

予定通りには部品は来なかったんだろうね、1ヵ月半くらいたってから出来上がりましたとの連絡あり
結果、最初に触った配線を交換しただけでOK(あとヒューズ1個)
配線のカバーを全部外すと中から被服のはがれた配線の束が見えました
これがショートしてCAN通信が出来なくなっていたようです

今回、自分自身の能力の低さに愕然としたとともに、PSAの部品のクオリティの低さにも驚愕しました
まだ、5、6年しかたっていないような配線が普通に破損してDもさもあたりまえのように言う
そこ行くとルノーの配線は周りのコルゲートチューブはすぐにパリパリになって崩壊するけど、配線自体のトラブルは古くなってもほとんど無い(同じフレンチなのに何が違う?)

とてもいい勉強になりましたし、お待たせしたお客様には本当に申し訳ありませんでした
今後はエラー関係はまず配線を疑うことにします
PSAの部品なんて全く信用できませんからね
車両販売が伸び悩んでいるのも工場が満杯になっているのもとても納得いきました
PSAの車両をご検討の方は、外見だけでなくこういったこともご検討くださいね、後悔しないために

PageTop

シトロエン2CV 不動

IMG_1488.jpg
2CVが不動で運ばれてきました

2CVの不動の原因はポイントならポイントの焼け、デスビキャップのトラブル、燃料ポンプ、そして燃料ホース

まずは燃料ポンプの点検から行うために、ポンプの下のホースを延長してガソリンを入れたミニタンクにつなぐ
するとあっけなくエンジン始動
ということはお約束の燃料タンクのホースだと思われます
IMG_1491.jpg
まずは燃料タンクを降ろします
V6の2CVだと樹脂タンクになっていてとても軽いです(AZAM等は金属タンク)
IMG_1490.jpg
問題のホースは短いほうで長いホースはなぜかタンクの上に放置プレイ
一瞬どこかにつながっているのかと考えてしましました
短いホースがパックリ割れてエアを吸って燃料が吸えなかったようです
そこのホースは抵当なサイズのホースを接続して完成
IMG_1492.jpg
それと以前より当てにならなかったセンダーユニットも交換
こんな時ではないと交換できませんから
IMG_1493.jpg
分解したセンダーユニット
こんな風に絡まってしまって正確に燃料を表示できなかったようです
レベルバーもすり減って変形しています
これで安心して乗っていただけます

ただ、将来を見据えると、キャブ、燃料ポンプは交換・OHしたいですね

PageTop

ルノー カングー ヘッドOH &リアブレーキOH

IMG_1290.jpg
ルノーカングーがヘッドOH&リアブレーキOH&クラッチOHで入庫
IMG_1284.jpg
まずはリアブレーキから進めます
見ての通り完全にブレーキフルードが漏れていてグチャグチャの状態
バックプレートは再利用不可
IMG_1285.jpg
漏れているだけでなくスライドしないホイールシリンダー
IMG_1287.jpg
リアシューもフルードを吸って崩壊寸前
IMG_1288.jpg
バックプレートを部品取から外しクリーニングして使用する
ホイールシリンダーは新品交換
IMG_1289.jpg
シューも新品交換してOH完了
もちろん左右行います
ドラムブレーキの整備不良を多く見かけます
車検の際にもドラムを開けたのか?と疑問を感じる車も珍しくない
整備は過剰すぎるのは問題だけど、壊れてからの交換では遅すぎます
特に命がかかっているブレーキにはあらかじめの整備が必要です

当店の常連さんたちにはいませんが、「なるべく安く車検をやって!車検に通ればいいから」といわれることがあります
はっきり言いますが必要なお金がかけられないのなら車なんて乗らないほうが良い
IMG_1292.jpg
さて話を戻してエンジンを降ろします
IMG_1295.jpg
クラッチカバーのダイヤフラムスプリングはかなり摩耗が進んでいます
クラッチ自体がかなり重かったのも納得です
IMG_1296.jpg
クランクリアオイルシールからもオイル漏れ発生しているので、新品交換します
IMG_1297.jpg
ルノーのクランクのフライホイールを取り付ける際には必ず漏れ止め剤をボルトに塗ります
そうしないとクランクからオイル漏れが発生します
それを怠った車両を何台も見かけました
IMG_1299.jpg
エンジンのないエンジンルーム
出来るだけクリーニングしてエンジン搭載を待ちます
IMG_1301.jpg
IMG_1302.jpg
IMG_1304.jpg
IMG_1305.jpg
下ろしたエンジンを確認するとオイル漏れ、水漏れが確認できます
IMG_1300.jpg
さらにカバーをよく見るとねじが足りない 忘れたのかな?
こんな状態から推測すると愛情を持って整備はされてないなあ
IMG_1310.jpg
タペットカバーからもオイルの滲みあり
IMG_1311.jpg
IMG_1312.jpg
インマニのパッキンも劣化が進んでいるので交換する
IMG_1330.jpg
目指せ20万キロオーバーということでヘッドをOHする
ヘッドの状態は距離相応
IMG_1331.jpg
バルブ等を外してきちんと場所ごとに管理しておく
IMG_1332.jpg
IMG_1339.jpg
インテーク、エギゾーストポートもスラッジを取り除く
IMG_1333.jpg
IMG_1334.jpg
バルブのスラッジもひたすら除去する もう少し追い込んでみようかな?
IMG_1336.jpg
IMG_1337.jpg
IMG_1338.jpg
クリーニング後のカムホルダー、ヘッド
このくらいまで綺麗になればいいかな
IMG_1341.jpg
IMG_1343.jpg
IMG_1344.jpg
バルブ摺合せ後組み立てます
ヘッド自体の歪みは無く安心です
IMG_1345.jpg
ブロックとヘッド、クラッチを組み付けてミッションもドッキングしてかのエンジン搭載
IMG_1349.jpg
後は補機を取り付けて完成です
長期間お待たせして申し訳ありませんでした
20万キロオーバーをめざし、走って行って欲しいです

PageTop